読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本食研を予約なしで即日発送ならココ!

鶏つみれは自宅のフードプロセッサーで今までも作っていました。非常に便利な商品ですよ。(鶏胸肉・卵・片栗粉・パン粉・酒・みりん・醤油・塩などを入れて)今回、つみれの素があることを知り注文してみました。

いまオススメの商品♪

2017年03月09日 ランキング上位商品↑

日本食研 ポイント鶏つみれの素 1kg【日本食研】【業務用】【ポイント5倍〜3月9日01:59まで】

詳しくはこちら b y 楽 天

業務用だけでなく市販品も作ってほしいです。。この商品が欲しくて他の物を買ったかんじです。ただ!素の中に塩が入っていますので!調理する際に!スープの味付けは好みによりますが!私は甘めにした方が好きです。後は!玉ねぎ・人参・シイタケでスープを作ったところにつみれ種を投入して浮き上がってきたら!盛りつけて白髪ねぎを散らして完成です。添付写真は、鶏肉の重さにあわせて「つみれの素を」計量するのが面倒ですので、200グラム用30グラムと100グラム用15グラムに小分けしたものの一部です。つみれの味は柚子が香り美味しいです。簡単・美味しい・つみれの味がいつも一定などの利点があります。結果、人参などの野菜も少し入って、柚子の香りもする便利な商品であることがわかりました。最初に、鶏つみれスープを作ったのですが、つみれはフードプロセッサーに鶏胸肉を230グラム入れて撹拌、次に素を指定より少ない30グラムと水30ccを投入して、再度撹拌して終わり、簡単につみれ種の出来上がりです。リピしたくなる商品ですが!1kgの素を使い切るには約8.7kg(鶏ひき肉6.7kg+つみれの素1kg+水など1kg)の鶏つみれを食べることになるので!今年の冬は鶏つみれ鍋が流行の兆しありです。色んな調理方法をこれから試します。